相続人が確定し、相続財産も明らかとなったとします。そろそろ、相続人の間で、誰がどの財産を相続するか、という話し合いをしていただく必要があります。話し合いがまとまったら、後日、紛争にならないように、遺産分割協議書と呼ばれる書類にその内容を記載して、相続人全員の署名と押印をしておきます。

 なお、遺産分割協議書は、後日、不動産などの名義変更手続に使用しますので、解釈に疑義が生じないように正確に作成しておく必要があります。遺産分割協議書の作成は、司法書士にご依頼いただくこともできます。