相続財産とは、被相続人が亡くなった時点において被相続人が所有していた財産や負債です。相続財産を確定するのは、相続放棄をするかどうかを判断したり、遺産分割の前提として相続財産を明らかにしておく必要があるからです。したがって、早期調べておく必要があります。また、相続税の申告をする必要があるかどうかを判断するためにも相続財産の調査が必要となります。

 相続財産については、財産一覧表を作ってみるとよいでしょう。そのために、たとえば、不動産であれば登記事項証明書や固定資産評価証明書、預貯金であれば、通帳を記帳したり残高証明書を取り寄せておきます。証券会社に預けてある株式についてはその明細書などを取り寄せておきます。