gf1420027438Ⅲ 記載事項証明書
 記載事項証明書とは、戸籍又は除籍の記載事項のうち必要とされるものについて証明するものである。
 記載事項証明書には、証明を求める事項に接続して市町村長が「右の事項は戸籍(除籍、届書、申請書その他)に記載があることを証明する(右相違ないことを証明する)」と記載し、職氏名を記し、職印をおして作成しなければならない。ただし、市町村長は、証明を求める事項を記載した書面又はその符せんに証明の趣旨及び年月日を記載し、且つ、これに職氏名を記し、職印をおして証明書に代えることができる(戸規14条Ⅰ)。 この場合には、市町村長は、職印で接ぎ目に契印をしなければならないものとされている(戸規14条Ⅱ)。

Ⅳ 磁気ディスクをもつて調製された戸籍・除籍に記録されている事項の証明書
 戸籍又は除籍が磁気ディスクをもつて調製されているときは、戸籍謄抄本、戸籍に記載した事項の証明書、除籍謄抄本、除籍に記載した事項に関する証明書に代えて、磁気ディスクをもつて調製された戸籍又は除かれた戸籍に記録されている事項の全部又は一部について、次の証明書を作成、交付することができる(戸120条、戸規73条Ⅰ)。
① 戸籍の全部事項証明書 戸籍に記録されている事項の全部
② 戸籍の個人事項証明書 戸籍に記録されている者のうちの一部のものについて記録されている事項の全部
③ 戸籍の一部事項証明書 戸籍に記録されている事項中の証明を求められた事項
④ 除かれた戸籍の全部事項証明書 除かれた戸籍に記録されている事項の全部
⑤ 除かれた戸籍の個人事項証明書 除かれた戸籍に記録されている者のうちの一部のものについて記録されている事項の全部
⑥ 除かれた戸籍の一部事項証明書 除かれた戸籍に記録されている事項中の証明を求められた事項
 これらの証明書には、市町村長が、その記載に接続して次のとおり付記をし、職氏名を記して職印を押さなければならないものとされている(戸規73条Ⅲ)。
① 戸籍の全部事項証明書
  「これは、戸籍に記録されている事項の全部を証明した書面である。」
② 戸籍の個人事項証明書
  「これは、戸籍中の一部の者について記録されている事項の全部を証明した書面である。」
③ 戸籍の一部事項証明書
  「これは、戸籍に記録されている事項中、請求者が証明を求めた事項について証明した書面である。」
④ 除かれた戸籍の全部事項証明書
  「これは、除籍に記録されている事項の全部を証明した書面である。」
⑤ 除かれた戸籍の個人事項証明書
  「これは、除籍中の一部の者について記録されている事項の全部を証明した書面である。」
⑥ 除かれた戸籍の一部事項証明書
  「これは、除籍に記録されている事項中、請求者が証明を求めた事項について証明した書面である。」

 

目次に戻る

書籍をプレゼント

書籍をプレゼント